薬剤師が40代で転職するのは厳しい?

若いうちは就職や転職が比較的しやすいという現状がありますが、30代、40代、50代と年齢が上がるにつれて、それも難しくなってきます。とくに最近は不況が続いていて、若い人でも就職や転職に苦労する時代。40代で転職を考えることは無謀なのでしょうか。

薬剤師の場合は資格を持っている人しかこの仕事に就けませんから、他の職業と比べると少し事情は異なると思います。薬局やドラッグストアが倒産した場合は次の職場を探す必要がありますが、 自分の都合で辞めたい場合はいろいろと迷うことでしょう。

連日の残業で体がきつくなったり、場合によってはサービス残業を強いられることもあるかもしれません。また人間関係のトラブルをかかえ、精神的に限界に達してしまうこともあります。

でも自分はもう40代だから転職先が見つからないと思い、地獄のような職場に耐えているという人もいらっしゃるでしょう。40代の転職は成功するというイメージがつかみにくいので、自分でも不安をかかえていたり、家族からも大反対されることがあります。

実際のところ、薬剤師の場合は40代での転職も十分に可能です。ですが自力で転職先を探すのは大変なので、民間のサービスを利用しましょう。転職サイトというものがあり、インターネットで転職先を 探すことができるのです。

薬剤師専門の転職サイトもたくさんありますから、薬剤師の資格を持っている方は、そうしたサイトに登録すると良いでしょう。勤務形態や地域などの条件を指定すると、それに合致する求人がズラッと表示されます。

その中から気に入ったものを選び、応募することが可能なのです。またコンサルタントの方に相談し、良い転職先を探してもらうこともできます。

サイトの利用やコンサルタントへの相談は無料でできますから、まずは登録してみると良いでしょう。 意外にスムーズに新しい仕事先が見つかり、年齢に関係なく転職できることが実感できるかもしれません。

ページの先頭へ