薬剤師で高収入を手にする場合

薬剤師の募集の中で高い報酬を得るためには、企業に転職する事がお勧めと言えます。元々薬剤師は平均年収が600〜700万円と低い年収ではありませんし、もしも歩合制であれば今以上の年収を望むことも可能です。

では企業での仕事内容は一体どのようなものなのかというと、企業に転職した後は、流通、管理、治験、これらの仕事を受け持つことになります。流通というのは新しく生まれた薬を医療機関やドラッグストア、薬品卸売り企業などに売る事が業務となり、職種としてはMR:医薬情報担当者やMS:医薬品卸販売担当者です。

管理とは、管理薬剤師が新しい薬の研究に使用する薬を監督したり、他には学術、薬事なども存在しています。そして治験は新しい薬の研究のために人の体にその薬を使い、効果が正しく発揮されるかをチェックする仕事です。CRA:臨床開発モニターやCRC:治験コーディネーターが職種となります。

三種類の求人を紹介しましたが、通常管理の募集が掛かることは珍しく、企業の求人というと治験や流通に関わるものがほとんどです。

ところで、薬剤師の求人の中で高い報酬を得る仕事は、企業に勤めること以外にもあります。ドラッグストアの店長などもそのひとつです。役職手当が入るために年収は700万円弱にまでなると言います。

店舗に継続して勤め支店の店長を経た後、本日に勤務しやがてエリアマネージャーになる事で、高い年収を手にする事が出来るでしょう。キャリアを積んだ後に脱サラし、自分でお店を経営することも可能です。経営が順調に行けば高収入へと繋げることもできますよね。

では逆に年収が低めな業種としてはどのようなものがあるでしょうか。

こちらは病院や調剤薬局の薬剤師などが挙げられます。高収入が期待できないのは、以前よりも診療報酬が抑えられているために薬局や病院に入ってくる収入が少なくなってしまっている事が理由です。

高い収入が入ってくるようなシステムの調剤薬局も中には存在しますが、病院はどの地方でも高い収入を手にすることは困難といえます。薬剤師の仕事で高い報酬を手に入れたいと思うのであれば、まずは職種をきちんと決定することから始めて下さい。

元々高収入が期待できる企業勤めか、それともドラッグストア勤務を選択するのか、もしくは職種的には高収入を期待できないけれど地方によっては期待できる調剤薬局を選択するのか、最初に進むべき道を決めてしまいます。きちんと進む方向を決める事が、薬剤師の転職には欠かせません。

職種を選択した後は、もう少し志望カテゴリをはっきりさせていきます。ドラッグストア勤務の場合始めは店舗に勤めることになりますが、その後はいくつかのポジションを経て、いずれ運営に近い仕事に就くことも可能ですし、企業に勤める場合は更に職種が細かく、営業や研究開発、治験や流通等、どの道に進むかによって業務の中身も違いが出てくるでしょう。

一つ一つの業務内容を把握し、自分がどの道を選ぶのかを考えて転職活動をして下さい。データ収集や求人案内は、転職支援サービスなどを上手に利用する事がオススメです。

ページの先頭へ