薬剤師の仕事に向いている人の特徴

薬剤師になるためには薬科大学などで必要な知識を身に付けたあと、国家試験に合格する必要があります。この試験に合格すれば薬剤師になれるわけですが、実はこの仕事に向いている人もいますし、そうでない人もいます。

ここでは薬剤師に向いている人について述べてみたいと思います。まず第一に、確実で丁寧な仕事ができる人であることです。薬剤師の仕事は薬を調剤して患者さんに手渡すなど、万が一ミスがあっては健康や生命にも関わる事態となってしまいます。

患者さんの数が多い薬局では一日中ずっと忙しいこともありますが、集中力を切らさずに正確に仕事をこなしていかなければなりません。また薬剤師の仕事を通して人々の健康を守ることに、やり甲斐を 感じられる人であることも大切です。

ただ流れ作業的に仕事をするのではなく、視野を広く持って自分の仕事が健康や生命に関わることを自覚している必要があるでしょう。薬剤師には薬学だけでなく、医学の知識も必要となっているのです。

また薬剤師にはコミュニケーション能力がかなり必要とされます。患者さんと関わることは必須ですし、その他にも医師と関わったり看護師とコミュニケーションを密に取らなければならないこともあります。

人と関わることが面倒だと感じたり、自分が言うべきことをうまく伝えられない人では薬剤師の仕事は務まりません。もちろんこれらは仕事をしていく中で磨かれていく部分もありますから、コミュニケーションの大切さをまずは自覚するようにしましょう。

また医療の世界は日々進歩していますし、新しい薬も次々に開発されていきます。ですから薬剤師は国家試験に合格した後も、薬学や医療を学び続けなければならないのです。薬剤師の仕事に就いている限り勉強が必要であることは自覚しておかなければならないでしょう。

確かに大変ではありますが、興味を持って最新の知識を吸収し、常に能力をブラッシュアップするように心がけていけば薬剤師として活躍し続けることができるでしょう。

ページの先頭へ