薬剤師求人「麻薬取締官」の仕事について

薬剤師求人:麻薬取締官

薬剤師の活躍の場は色々あります。中には意外な業種もありますが、麻薬取締官もまたその中のひとつではないでしょうか。

薬物犯罪にまつわるデータ収集や捜査などで大きな役割を果たす麻薬取締官は、厚生労働省の中の地方ごとに別れている厚生局にある、麻薬取締部の一員です。公務員でもある麻薬取締官は特殊な権利を持っている、特別司法警察員になります。

幅広い知識と積み重ねたキャリアを活用し、一般の警察官以上にスムーズな捜査を行うために、麻薬に関わる犯罪に関して警察職員の一員としての権利を与えられているのが特別司法警察員です。一般の警察官には許可されていないおとり捜査をする事が出来るのも、麻薬取締官の特徴でしょうか。

他にも一定期間に一度病院や薬局、製薬会社などに赴き、医療麻薬を扱う機関や企業などで監督や指導、検査などを行う業務も麻薬取締官の仕事です。これは、医療麻薬が正しく使用されるための抑制にもなります。

また、薬物乱用者の関係者や家族、友達からの相談を受ける仕事や、学校で生徒たちが薬物に触れることないよう公演などをすることも仕事です。

麻薬取締官は、冒頭でも書きましたが、一見薬剤師との関わりを感じることは少ないと思います。麻薬取締官になるためには国家公務員採用試験の「行政」か「電気、電子、情報」の試験に受からなければなりませんが、薬学技官で仕事に就くための試験は、薬剤師と免許を持ってさえすれば、採用へと応募する資格を有する事が可能です。

薬剤師国家試験にパスしているということは薬のプロということですので、再び公務員試験に臨む必要はないということになります。とは言っても毎年薬学技官の募集が掛かっているかというと否です。不定期での募集だと言うことに加え薬剤師になれる年齢制限があるということは覚えておきましょう。

今の薬剤師枠での年齢制限は29歳以下となっています。大学が6年制の場合、薬剤師の資格を手にしてからすぐに30代に突入してしまうため、新卒以外の転職希望者はなるべく迅速な行動がオススメです。