薬剤師求人「麻薬取締官」の仕事について

薬剤師求人:麻薬取締官

薬剤師の活躍の場は色々あります。中には意外な業種もありますが、麻薬取締官もまたその中のひとつではないでしょうか。

薬物犯罪にまつわるデータ収集や捜査などで大きな役割を果たす麻薬取締官は、厚生労働省の中の地方ごとに別れている厚生局にある、麻薬取締部の一員です。公務員でもある麻薬取締官は特殊な権利を持っている、特別司法警察員になります。

幅広い知識と積み重ねたキャリアを活用し、一般の警察官以上にスムーズな捜査を行うために、麻薬に関わる犯罪に関して警察職員の一員としての権利を与えられているのが特別司法警察員です。一般の警察官には許可されていないおとり捜査をする事が出来るのも、麻薬取締官の特徴でしょうか。
助産師、日勤のみで働ける職場は?

他にも一定期間に一度病院や薬局、製薬会社などに赴き、医療麻薬を扱う機関や企業などで監督や指導、検査などを行う業務も麻薬取締官の仕事です。これは、医療麻薬が正しく使用されるための抑制にもなります。

また、薬物乱用者の関係者や家族、友達からの相談を受ける仕事や、学校で生徒たちが薬物に触れることないよう公演などをすることも仕事です。

麻薬取締官は、冒頭でも書きましたが、一見薬剤師との関わりを感じることは少ないと思います。麻薬取締官になるためには国家公務員採用試験の「行政」か「電気、電子、情報」の試験に受からなければなりませんが、薬学技官で仕事に就くための試験は、薬剤師と免許を持ってさえすれば、採用へと応募する資格を有する事が可能です。

薬剤師国家試験にパスしているということは薬のプロということですので、再び公務員試験に臨む必要はないということになります。とは言っても毎年薬学技官の募集が掛かっているかというと否です。不定期での募集だと言うことに加え薬剤師になれる年齢制限があるということは覚えておきましょう。

今の薬剤師枠での年齢制限は29歳以下となっています。大学が6年制の場合、薬剤師の資格を手にしてからすぐに30代に突入してしまうため、新卒以外の転職希望者はなるべく迅速な行動がオススメです。

派遣で助産師をしたい

派遣の助産師として働きたい、そう考えている人は少なからず存在します。ですがアルバイトで助産師を行なう人はよく耳にしますが、派遣で助産師をされているという話は余り聞いた事がありません。では、助産師という職業に派遣業務は存在しないのでしょうか?

実際はそんなことはありません。専門の求人サイトなどで確認すると、紹介予定派遣等で勤務に当たる助産師の募集案件は存在しています。お医者さまや看護師不足といわれ続けて久しい昨今ですが、助産師も同様です。

助産師の需要と供給が吊り合っていない上に、助産師は誰でもなれる職業ではありません。そのため、専門の求人サイトなどでは常に人材を確保しようとしている医療施設は少なくないのです。

助産師の派遣業務という求人はたくさん出ていますし、派遣で活躍する助産師さんも多数存在しています。

フルタイムで助産師さんとして勤務するのは難しい、でも助産師さんとして働きたい、派遣の仕事で助産師業務を行いたいというケースでは、医療に特化した派遣サイトに登録する事がオススメです。登録する事で、求人案内をチェックしていく事ができるでしょう。

報酬面に関してですが、もしも午前8:30~午後5:30に派遣助産師として働いたときの時給は、2000円前後が多いそうです。助産師のバイトも高時給で有名ですが、派遣業務での助産師も同様に高い報酬が望めます。

交通費の上限などは、一般的には各医療機関によって違いがあるため、申し込みを行う前にチェックしておくのがいいでしょう。

助産師のアルバイトとして勤務する、派遣で助産師業務を行う、これらは以前ではちょっと考えられないことでした。ですがそれだけ医療に従事する人材の確保の難しさを感じられます。

自分らしく助産師の仕事を続けたい、そう思ったときは、ぜひ専門サイトを活用して、ライフスタイルに合った助産師としての働き方を見つけてくださいね。派遣の求人は東京だけではなく、大阪や名古屋など、様々な地域で捜す事ができます。

看護に特化した求人サイト、またサポートを行ってくれる求人情報サイトを上手に利用してみて下さい。

看護師から助産師にステップアップするためには

人が新しい生を受けるその瞬間に立ち会えるのが助産師です。助産師は妊婦さんやご家族の喜びに溢れる顔を見ることのできる、幸せの瞬間に同じ空間を共有することのできる、とてもやりがいのある仕事だといわれています。

さて、ではその助産師にはどのようにして就く事ができるのでしょうか。

助産師というのは実は看護師資格が必須な職業です。看護師というのは、看護師資格を持っている事で色々な医療機関で働けますし、そこからスキルアップして、違う医療系の資格を取ることもできます。その資格のうちの一つが助産師の資格です。

近頃では助産師資格を持っている方、まずは四年生看護大学で助産について学ぶことがメジャーとなっています。そして看護大学を卒業したあとは看護師試験にパスし、免許を手に入れ、医療の現場で臨床のキャリアを積み重ね、助産師になるための受験資格を手に入れた後に、助産師へとステップアップする方が多いようです。

助産師ができることは、妊婦さんの妊娠から出産をサポートすることとともに、妊婦さんのご家族の心の支えにもなることでしょう。これはお医者様か助産師だけが行える業務です。

助産師になるためには、他の方法もあります。看護師資格保持者であれば、これから一年ほど助産師学校や、短期大学に設置されている助産学特別先行学科で教育を受け、卒業までに5件から10件ほどの臨床実習を行う事が必須です。

近頃では年齢問わず、看護師のキャリアを持った人が学校にはいる事が多いと聞きます。結婚出産を経て、子育ても落ち着いたママさん看護師が、専門学校や短大に入学するケースも増えてきました。

最近では産婦人科がどんどん縮小されているのが現実です。そのため助産師という職業にスポットライトが当たり始めました。赤ちゃんを取り上げることのできる助産師は、とても重要な役目を担っているのですね。

ところで助産師という職業は、助産院を自分で開業する事のできる職業でもあります。そのため自ら助産院を経営している人もいますし、産婦人科で助手として業務に当たったり、助産師外来のある病院で勤務されている助産師も多いです。